LINEブラウンストーリーズ

【LINEブラウンストーリーズ】キャラのレベル上げや進化を効率よく行う方法紹介

投稿日:

ブラストで遊んでいてキャラのレベル上げや進化に困っていませんか?

レベル上げや進化は難しいステージになれば必須取っていきます。

今回はキャラのレベル上げや進化を効率よく行う方法を紹介します。

レベル上げや進化を行っていけばキャラクターも強くなり難しいステージもクリアできるようになるのでオススメですよ!

レベルや進化とは?

キャラクターの成長にはレベル、スキルレベル、進化があります。

レベルを上げる事でステータスが伸びていき強くなっていきます。

スキルレベルには、リーダースキル、ユニットスキル、クラススキルの3つがあります。

スキルレベルを上げる事でバフ効果やダメージが上がっていきます。

クラススキルは味方にバフ効果や敵にデバフ効果を与えたりします。

クラススキルを上げる事でバフ効果やが伸びたり敵のデバフ状態の時間が増えていきます。

進化は対象のキャラのランクを1つ上げ、ステータスを上げつつ上限レベルも上がりますので進化は特にオススメです。

強化しつつ序盤は施設を解放していくのがオススメです。

序盤の進め方について詳しくはコチラの記事で紹介しています。

【LINEブラウンストーリーズ攻略】序盤を効率よく進める方法紹介

レベル上げを効率よく行う方法

キャラのレベル上げは割と早めに伸ばす事ができます。

1-7ステージをクリアすると「ハイドの森」というステージに挑めます。

ハイドの森では強化素材となるスライムを入手する事ができます。

また曜日によって入手できる強化属性素材が違いますので注意してください。

  • 月曜日 → 闇属性
  • 火曜日 → 火属性
  • 水曜日 → 水属性
  • 木曜日 → 木属性
  • 金曜日 → 光属性
  • 土日 → 全属性対象

以上となっており、土日は全属性の強化素材が集められますので土日は強化素材を集める事をオススメします。

難易度・ビギナーのステージは簡単にクリアできますが、スタンダード以降は出現する敵のレベルが跳ね上がりますので注意してください。

またクエスト以外でもフレンドガチャからも強化素材を入手する事ができますのでポイントが貯まったら、どんどん引いていきましょう!

序盤はビギナーを周回して強化していく事をオススメします。

スキルレベルを上げる方法

スキルレベルはビジョンというアイテムが必要となります。

ビジョンはジョブ毎にあるので、スキルレベルを上げたくても強化する対象キャラのジョブビジョンがなければ強化する事ができません。

ジョブビジョンはメインクエストで入手する事ができます。

欲しいジョブのビジョンをタップすれば、どのステージで入手できるか記載されてますので確認して入手していきましょう。

進化を効率よく行う方法

キャラは進化する事ができ、進化すると一つランクアップしてステータスが大幅に上がり、上限レベルも更に増えて強化していく事ができます。

進化するには進化させるキャラのレベルをMAXにする事と進化素材を集める事です。

進化素材は全部で3つあります。(現状解っているのが3つなので他に必要な進化素材がありましたら更新していきます。)

一つの進化素材であるフラスコやエレメントジェムを集めるには一部の素材はレベル上げで集められる「ハイドの森」で入手する事ができます。

ただフラスコは強化素材の手に入るステージと違って、ビギナークラスでも序盤でクリアするのが難しいので

最低でもキャラレベルが15になってから挑むことをオススメします。

2つ目の進化素材の神薬や霊薬はメインクエストで集められますが、難しいステージで入手していく事になるので十分に強化してかから挑みましょう。

3つ目のスターダストは2-1で施設開放される追憶の石のステージをクリアしていく事で入手できますので追憶の石が挑めるよういなったら挑んでいきましょう。

まとめ

ブラストでキャラのレベルやスキルレベル、進化をしていく方法を紹介しました。

レベル上げは「ハイドの森」のスライムたちを倒して周回していきましょう。

スキルレベルはメインクエストで入手できますので周回して入手していく事がオススメです。

進化素材を集めるにはハイドの森、メインクエスト、追憶の石を周回して入手していく必要があります。

進化は素材や消費する資金が多いですが、進化する事で大幅にキャラが強くなるので、できそうなら進化していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-LINEブラウンストーリーズ

Copyright© スマホアプリやゲームのレビューブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.